わり算 その1 (わる数が1桁のわり算)

わり算の計算方法を紹介します。 今回はわる数が1桁のわり算を紹介します ≪ 最初に覚えること ≫ ☆答えを入れるのは左手 ☆ひき算をするのは右手 ☆答えは九九の真ん中の数字 ※3×5=15(さんごじゅうご)なら「5」が答え 〈問題〉168 ÷ 3 = ① ・168をそろばんに入れます。 ② ・左手の人差し指をそろばんの一番左の数の下において、…

続きを読む

かけ算 その2 (かける数が複数桁のかけ算)

前回はかける数が1桁のかけ算を紹介しました。 今回はかける数が複数桁のかけ算を紹介します。 ※以下では左側を「かけられる数」、右側を「かける数」として説明します。 かけられる数 × かける数 89×234= を例に説明します。 80×234 9×234 に分けて計算します。 《最初に覚えること》 ☆1の位は次の10の位。 (1の位に右手の人差し…

続きを読む

かけ算 その1 (かける数が1桁のかけ算)

今回から、かけ算の計算方法を紹介します。 そろばんでは100の位、10の位、1の位を分解して計算します。 321×5= だと、 300×5 20×5 1×5 という形に分解します。 《最初に覚えること》 ☆左手の人さし指は10の位の目印です。 指を置いた隣りの位置が10の位になります。 321×5= を例に説明します。 ①最…

続きを読む

たし算とひき算 その2(「きょうだい」と「ともだち」)

そろばんでは、たし算、ひき算をする時に5の補数と10の補数を使います。 生徒たちには、分かりやすくする為に「きょうだい」と「ともだち」と言う言葉を使って説明します。 【5の補数】 ・きょうだいは5の補数です。 1の補数は4 2の補数は3 3の補数は2 4の補数は1 生徒には「1のきょうだいは何かな?」というように質問し、スラスラと答えられるまで覚えて…

続きを読む